銀行系カードローンは総量規制対象外?

銀行系カードローンは総量規制対象外?

毎日の暮らしは度重なる出費の機会で成り立っています。様々な局面で緊急性の高いお金の用立てを迫られ、それに間に合わずにピンチに陥ってしまうケースも非常に多いことでしょう。そのような時には消費者金融や銀行を活用して手軽に借り入れ契約を結ぶとスピーディーに不足額を補うことができます。しかしここで注目したいのが総量規制という問題です。貸金業者では利用者の年収の3分の1を超える融資を行ってはいけない決まりとなっており、これが総量規制と呼ばれるものです。

その一方で、総量規制対象外にて借入手続きできる融資サービスも存在します。それが銀行系のカードローンやキャッシングです。銀行系と呼ばれる融資サービスは銀行そのものが運営している場合がほとんどで、これらは総量規制の対象となる貸金業者ではないので貸金業法の影響を全く受けることがありません。銀行系のサービスは銀行法に則って運営されていますので、あくまでこちらの規則にてサービス提供が行われています。そのため総量規制対象外で融資が行えるのです。

総量規制対象外のサービスで利用者は、年収の3分の1を超える融資を受けることができます。この事実は二つの意味を有しており、一つは文字通り、収入を得て働いている人が基準に左右されることなく希望額を手にできるという点、そしてもう一つは学生やフリーターや専業主婦といった人の中で全く働いていない無職の人でも年収にかかわらず借入できるという点です。

そのため、もしもこれらの条件に該当する人は通常の消費者金融ではなく、むしろ銀行系のサービスに吟味して申請した方が総量規制対象外にて便利な融資を手にすることができるでしょう。

Comments are closed.