消費者金融の利用限度額について

消費者金融の利用限度額について

消費者金融の利用限度額について

消費者金融での利用限度額とは、その会社の審査を受けた結果、実際に借りられる額の上限額のことで、申し込んだ個人ごとに金額が設定されていきます。では、広告に書いてある限度額はどのような意味があるのでしょうか?消費者金融のホームページやCMなどでは「限度額500万円」とか「300万円まで融資可能」といったものをみかけますが、これは「契約限度額」、「契約極度額」などと呼ばれています。つまり、その消費者金融が貸金業を行う上での最大貸付限度額がその金額までできる、ということであり、すべての利用者にその額が満額融資できるという意味ではありません。では、どのように消費者金融の利用限度額は決まるのでしょうか?基本的なこととして、貸金業法により「総量規制」というものが定められています。これは、年収の3分の1以上の借り入れすることができないものです。たとえば年収300万円の人は、複数の貸金業者の借り入れを合計して100万円しか借りることができません。なので「300万円まで融資可能」と謳っている消費者金融の審査に通過したとしても、300万円融資を受けることはできません。このように消費者金融の利用限度額は、各申込者の年収の3分の1が上限として超えることはありません。しかも、その上限の限度額で利用することができることはありません。なぜなら、さまざまな個人の状況・属性を審査し貸し付け可能な額を決定していくからです。
https://xn--idkj7kw39vfltskkfziwrk.jp

Comments are closed.